<   2017年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

あめ子は今日も   

e0080346_22405550.png
我が家の二大暴れん坊が一人
あめ子!
その傍若無人っぷりは
「動物のお医者さん」の漆原教授並み。

ショナわんのお気に入りスペースも
有無を言わせず奪い取る。
ショナわん、いつもあめ子に叩かれて
可哀想~~およよ。
まぁ、ショナも相当気が強い人なので
心配ないですがね。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-29 17:40 | ネコ達 | Comments(0)

「鬼灯の冷徹25」江口夏実著   

e0080346_2212324.png
10月よりアニメ化二期がはじまる
鬼灯の冷徹 新刊!
今作には連作モノ(4話)の
衆合化け合戦があって、
その中で特に面白かったのは
八寒の春一さんの「ブスがだいすき」
談義が、妙な説得力があって面白かった。
あと、秀逸なのは、
妲己の泣き顔が見れた事。
あの中国の伝説的妖狐妲己が泣くなんて!
名言「負けの恥など
   誇りをなくす恥に比べれば
   塩の粒より小さいことなのよ!!!」
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-28 15:10 | 本・マンガ | Comments(0)

「糸車」宇江佐真理著   

e0080346_21195692.png
松前藩筆頭家老の夫が江戸で殺された。
一緒にいたはずの一人息子は行方知れず。
主人公・お絹は深川の長屋でもう3年も
小間物の行商を続けながら
夫の死の真相と、行方不明の息子勇馬を探している。

宇江佐さんの小説に出てくる主人公は
完璧なヒロインなど居ない。
人間臭く、愚かで、でも一本気でひたむきに
その日々を生きている感がいい。
このお絹も、なかなか頑固で難しい性格。
もう少し肩の力を抜けばいいものの。
思い込みから、味方であった同心の持田を疑ったり、
誰の忠告も耳を貸さなかったり。
ようやく出会えた息子の婿入り話が納得いかずに激怒したり。
その後、喜ばしいはずの養子話について、「じゃぁ私はどうなるの?」とか
息子の為を想ってるのは建前で、
自分が幸せになりたいってのがうすら見えて、
なんだかお絹に感情移入できない。
まぁ、そういう所が生々しい人間模様なのだけど。
後半、辻占の登場は余計だったかな?

珍しく宇江佐さんの作品としては、好きじゃないな。
ただ何年か後読み返すとまた違う面白さがあるかもしれない。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-27 16:19 | 本・マンガ | Comments(0)

聖☆おにいさん14 中村光著   

e0080346_2131125.png
久々のおにいさん新刊!
今回もまた薄いなぁ・・・。
作者、頑張っておくれよ~~

内容は安定の面白さ。言う事なし♪
初っ端から、風呂無し6畳アパートに住む
ブッダが収納に困って「断捨離」に!
ブッダが断捨離て!!!
しかも手塚治虫ブッダの黒本まで売るとか言うし~~~w
文字が上達したいイエスは
ニッペンって所の巫女さん(ミコちゃん)を
紹介されたり、もう中村ワールド全開。
ネタが尽きないのが偉い。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-26 21:07 | 本・マンガ | Comments(0)

櫛を入れさせない子   

e0080346_13455550.png

ぽつぽつ雨が降る今日。ネコ達はねむいねむい。

ショナわんは神経質ですぐ怒る。
櫛を入れたいけど、顔周りしか許してくれない・・・。
比較的絡まりにくい毛質なので助かってるけど
それでも脇の下に毛玉が出来る。
眠い時に、そ~~~っと脇を掻き分け、ちょびちょびハサミでカット。
万が一皮膚を切ったらと思うと恐ろしい!
根元に金櫛を差し入れて、櫛の上に出た毛玉をカットすると、
皮膚は切らないのでオススメ。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-22 13:50 | ネコ達 | Comments(0)

ネコの為の金櫛   

e0080346_1563738.png

今まで愛用してたグレイハウンドの
両目金櫛を買い足そうと思ってウロウロ。
最近では立派なペットショップへも行く機会がないし、
トリマーの友達に頼むのも、
忙しいのに面倒を掛ける様で…。

で、アマゾンで評価の高かった国産のを買ってみた。
全体の長さはグレイハウンドのより
少し短めでいいので(小)をチョイス。
届いてみると、ネット画像(シリーズの参考画像だったみたい)
と商品が違って、えぇぇ?!
大事な歯の長さが思ってるのより5mm程短い。
失敗した・・・orz
買うなら同社の(中)でなくちゃイカンかった。
まぁ、ウチは短毛の子ばかりだし、問題ないけど、
私の手が持ちづらいのだった・・・。 はぁ。
でも、早速使って、ミヤコも、もも猫も喜んだよ!
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-20 15:15 | ネコ達 | Comments(0)

今朝の出来事   

朝早くいつもの道を出勤で歩いてたら、
時々ご主人の怒鳴り声と物を投げる音が聞こえるひどいお家の前で、
(気の毒な)奥さんと、泊りに来てた孫がキャッチボールをしてた♪
たまに顔をあわせると
「おはようございます」と言うくらいのご近所づきあい。

今朝はおまけに
「いってらっしゃい」まで言ってくださった。
思わず私は「ありがとう!」と言ってしまって、
ちーがーうーーー(汗
ありがとうって言葉が言い慣れててつい・・・。
なぜ「行ってきます~」が言えなかったんだ私!
・・・うん、「行ってきます」なんて普段言う機会がないからなぁ。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-18 20:30 | ひとりごと | Comments(0)

「鯖猫長屋ふしぎ草紙3」田牧大和著   

e0080346_13515352.png鯖猫の3巻が出たので
早速読んでみる。
今回はプロローグから不穏でいやーな感じ。
本編に入って
「出戻り文箱」の怪を一旦解決した
主人公猫描きの先生。
「出戻り文箱」
「鯵の三枚おろし」
「長屋の花火」
「猫かぶり」 の四話で
先生に思いを寄せるおはまちゃんと
その兄魚屋の勘八の片恋の二つの恋の行方~
一方、犬猫が殺される事件が痛ましく、読んでいて胸がむかつく。
全編、鯖猫長屋の大将、サバが
相手が妖だろうが、殺人鬼だろうが、ちょいちょいと手を貸してくれて
事件をまるっと安全に解決させてくれるお手並みはいつも見事。
深川の主・ニキのご隠居さんも今回も陰ながら大活躍!

読み終わると、胸糞悪い虐待話とその展開などが
以前に読んだ「妖怪の子預かります・うそつきの子」によく似ている。
同じ作者じゃなかろうか?なんてまさかね。
んでもって、胸糞悪いイヤミス(嫌な気分になるミステリ)は
相変わらず嫌いだよ。
もっと温かくて楽しい人情モノが読みたいわ~
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-17 14:05 | 本・マンガ | Comments(0)

今月のキャッツ   

e0080346_18142253.pngまたまた行ってきました~
大阪四季劇場。
もうね、
来年の5月にキャッツ終わっちゃうので
せっせと通っておかねば。

今日は女性陣があまり気乗りしない
キャストだったけど、
男性陣はお気に入りがいっぱい!
声が魅力的な大嶺タガーに
小さくて愛らしい松出ミスト、
口元のにやり笑いが素敵な塚下ブルータス。
特に今日のタンブルブルータスは
ゴキダンスの時の茶目っ気が可愛くていつまでも目で追ってしまう。
しかも、
ネーミング時には私の隣で歌ってくれて、
触りたいけど触れない「踊り子さんにお触り禁止!」状態w
とても楽しめた今月のキャッツでした!
握手は一色カーバケッティ(ミストじゃなくて)。
そうそう、松本グリザは素のグリザの時のダンスがキビキビして
ブレないダンスが素晴らしく美しかった!
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-15 18:23 | 日々の出来事 | Comments(0)

まった~り ミヤコ   

e0080346_2049196.png



階段の吹き抜け部分に設置した
落下防止策なスノコ部屋(笑)。
今日はミヤコが居ましたよ。
どうも最近お気に入りらしく、
たびたびここでミヤコが目撃されている。
[PR]

by sasha-moon | 2017-09-14 20:50 | ネコ達 | Comments(0)