アニメ 火垂るの墓 について   

e0080346_1848130.png先日金曜ロードショウにて名作
「火垂るの墓」が放映された。
たまたま前の日に姉と電話で
火垂るの墓やるね~でもあんな悲しいの絶対見ない!と二人で話していた。

今ネットでこのアニメに関しての
見解が紛糾してるみたい。
どうやら、見る人の世代(精神年齢)によって
見方がまるで変ってくるらしい。

学生~20代は
 神戸のおばさん非道い!
 財産を横取りしたうえ
 つらく当たって
 兄妹が可哀そうすぎる。
 二人が死んでしまって可哀そう。
30代~若い社会人は
 当時の14歳は働いて当然!
 家でゴロゴロ遊んでいて
 おばさんに叱られるのは当たり前。
 清太がいい所の坊ちゃんで、
 あまりに常識がなさすぎる。
50代~老年期
 おばさんも清太もどちらも悪くない。
 どうしようもなかった、誰もが自分が生きるに精一杯で。
 なによりも戦争が悪い。

ということみたい。
どうやら私は1番若手の「おばさん酷い!」ってイメージしかなかったので、
今見ると、清太の愚かさが目に付くかもしれない・・・。
[PR]

by sasha-moon | 2018-04-15 18:48 | ゲーム・TV・アニメ・映画 | Comments(0)

<< パープルストリーカー’18 季節の味 >>