冬虫夏草 梨木香歩著   

e0080346_17513664.png何年も待ってやっと文庫化されたので
即効購入♪
「家守奇譚」の続編であり、
主人公・綿貫征四郎がたどる
成長と気付きの物語。

前半は前作同様、京都は疎水べりの仮家での
自然とのふれあいの日々。
本書の3分の1を過ぎたあたりで
がらっと趣が変わり、
何か月も帰ってこない愛犬ゴローを探す旅。
(琵琶湖)湖南地方から瑞々しい鈴鹿山麓へ
山深く深く分け入って、自然の神秘の
深層へどんどん深く
どんどん高みへ上り詰めてゆく物語。

随所にキーワードとなる地名や神社、神様の名前などがちりばめられており、
ゴローを探して愛知川支流を遡っていく間に
その伏線が回収されてゆくので、
よーく注意して、忘れないように読み進めないといけない。
あの時の人はどんな様子だったっけ?
あの人はなんと言ってたっけ?
どの滝の洞の事を指してるんだっけ?
読み返すとよく理解できて、パズルのピースがはまってゆくよ。

作者は今までの沢山の作品同様、同じ事を繰り返し
手を変え品を変え表現しているのだろう。
姿かたちは変化しても根っこは同じ、神羅万象すべては1つであると。
ただ、われわれは綿貫以上に鈍感で、
それを感じ取るのが難しくなってるのだという事も。

イイ所で終わるので、この続きは有るのか気になる所。

[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-13 16:50 | 本・マンガ | Comments(0)

ピーマン!   

e0080346_17542146.png


しばらく気に留めてなかったピーマン。

葉陰に小さなピーマンが実を下げてた。

花が咲いてたのは知ってたけど
知らないまにもうこんなに
実が成長してた~

隣には甘長とうがらしを植えてある。
[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-12 17:05 | お花・家庭菜園 | Comments(0)

空棺の烏 阿部智里著 (八咫烏シリーズ)   

e0080346_22131011.png
八咫烏シリーズ第4作目!

文句無しに面白かった!
1作目の種明かしにはほとほと
あきれたけれど、
2作目で挽回、若宮に迫る陰謀を
読み応え十分に描き上げ、
3作目ではガラッと趣を変え
大猿襲撃の恐怖とその攻防を謎を絡めて
トリッキーに書き上げた。

今作では今まで活躍してきた雪哉を軸に
金烏を守護する山内衆を育成するエリート男子校の学園生活が繰り広げられる。

ホグワーツ魔法魔術学校に居るような感覚で楽しかった~~
そして雪哉の常人離れした力量も露わになって胸が爽快♪
1年生の時に陰険な教官と対戦し雪哉が大勝。
不正があったのでは?と院長他教官に呼び出された時、
雪哉がこの養成所に院生として潜り込んだ真の目的が明かされるのだけど、
その場面が・・・「苛烈」とか「どこへ連れてゆくのか」とか
<十二国記>を強く想起させる文章だったのが残念。
いや、すごく良いシーンではあるのだけどね、
オリジナリティというかなんというか・・・もにょもにょ。

今回も真の金烏に関する情報がさらに色々開示されて、
先代(100年ほど前)の金烏の遺骸が発見回収されるので、衝撃の巻だと言える。
次回作、既刊「玉依姫」も早く読みたい(文庫になるのを待ってるんだけど、来年ネ)
読者レビューでは賛否両論で、大荒れ。
山内の話ではなく、現代日本でのお話(もちろん若宮は出てくる)。
次々回作「弥栄の烏」は来月単行本で発売予定!
[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-11 17:11 | 本・マンガ | Comments(0)

あじさい   

e0080346_18254811.png



去年がっつり剪定したけど
やっぱり強靭!
ぐいぐい伸びて花を沢山つけた。
例年よりは少ないけど。
次回はもっと短く刈り込む予定。
[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-10 18:27 | お花・家庭菜園 | Comments(0)

夕方からお出かけ~   

e0080346_20571048.png
今日は梅雨入りしたのに天気も良く
お出かけ日和~~
ってんで、植物園のホタルナイターへ!
その前に、明るいうちに寿司店へ。
コウイカが美味しかったよ~
あとアンキモも美味しかった。

ホタルは、今回も沢山飛んでて
あちこちでお客さんの嬌声があがる。
私の頭の上の方にもふわ~と飛んできたり。
涼しくてきれいで楽しかったよ。
[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-09 21:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

しまお が変な態勢でリラックスしている様子。   

e0080346_18101043.png
しまおが 変な態勢でリラックスしている様子を激写したのだが、
そこに無いはずのものまで写っていた!!!
・・・お判りいただけただろうか? (笑)


[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-08 18:12 | ネコ達 | Comments(0)

踊る猫 折口真喜子著   

e0080346_117389.png
久々の時代小説~

表紙が素敵すぎてつい手に取った
ジャケ買いにしては
なかなか面白かったよ~
与謝蕪村がその漂流の暮らしの中で出会った
不思議な体験や妖の話を集めた
ちょっと趣向の変わった連作短編集。
1話目の「かわたろ」がまた
淡い恋の妖怪譚で、すっかり引き込まれ、
5話目の「雪」で、
悲しくも美しい雪女を描き、
9話目の「梨の花」では異界(マヨイガ)から帰った無垢な少年が
それゆえの怪異に無実の罪をきせられ・・・
編のそれぞれが違った魅力が有って良かった。
また時期を変えて読み返すのも楽しいに違いない。
[PR]

# by sasha-moon | 2017-06-07 17:05 | 本・マンガ | Comments(0)