<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

映画「八つ墓村」(’77) 監督:野村芳太郎   

e0080346_1449257.pngここの所京極夏彦作品を読んでて、
改めて横溝正史作品に興味が行った。

子供の頃は石坂版金田一ドラマシリーズの
再放送をよくやってたので、
何作も見たんだけど
子供過ぎてよくわからなかったのが多い。
筋をしっかり理解してるのは
「犬神家の一族」くらい。
一方、1番有名な「八つ墓村」は
双子のばあさんが
やたら怖かったという印象(笑)。

さて、この’77映画版は、
子供の頃にロケ地となった邸宅を観光で見学したことがとても思い出深かったので、
まず観るならコレ!と思ってた作品。
しかし金田一探偵役が渥美清氏。 どうなのよ?寅さん?!
主演は辰弥役の萩原健一と西屋の美也子に小川真由美。
多治見家当主に山崎努。 と豪華俳優~

で、ようやく話の筋を理解しました。 なーるほど! 
戦国時代に村に来た落武者・尼子一族を村総出でだまし討ちで殺した
八つの墓のたたりに関係して、
その子孫の隠れた血脈に復讐される話なのですな。
原作ではどうかは判らないけど、今作では分限者(土地の金持ち)の多治見家の
財産横領と、隠れた血のなせる業での多治見家の断絶をもくろんだ。 という話。

心配した渥美版金田一は、出番も少なく、あまり気にならなかった~
1977年当時の風景が懐かしく、街並みや服装など観てるとほっこり♪
オカルト色の強いと評判の今作で、さほどおどろおどろしくなく、
津山30人殺しをモチーフにしたシーンも残酷で美しく、
最後の美也子が怨霊化するシーンも、エグくはなくて安心した♪
所々長回しで挿入されるスポンサー映像が気に入らない。
巨費を投じて2年以上かけて制作されたモノだけに仕方ないか。

物語の本質についての感想は・・・特にない。


[PR]

by sasha-moon | 2017-03-22 15:38 | ゲーム・TV・アニメ・映画 | Comments(0)

もぐりっ子クラブ   

e0080346_19294927.png

帰宅するとこれ。
しまおのお尻(しっぽとかかと)だけ
カーペットから覗いている。
ホッカペの上では納得いかない?
ホッカペ点いてるんだけど
あいだに潜り込んじゃうしまお。

呼ぶと急いで
「ハァァン!」と喜んで駆け寄ってくるw
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-21 19:32 | ネコ達 | Comments(0)

鯖猫長屋 ふしぎ草子(2) 田牧大和著   

e0080346_1771355.png
出ました2巻!
4つの連作短編からなる今作も
とても面白かったよ~
少しずつ登場人物も増えてきて、
話の展開も様々になってきた。
今回も幽霊や化身といったあやかしの類が
出てくるのだけど、ま、それは味付け程度。

各章の始めに「一人語り」が挿入されてて、
勘のいい人なら誰の一人語りか予想がつく。
猫描きの先生(拾楽)をハメようと
あの手この手で難事件が発生!
特に犬の嵐の話には涙なくして読めない。

そうそう、回向院の側に<聡い>小僧と暮らしてる超大物臨時廻りの同心「ご隠居」さまが、
宮部みゆきの例のあの人に役どころが似てて、笑える。
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-18 17:18 | 本・マンガ | Comments(0)

柑橘大国 愛媛   

先日、愛媛に田舎を持つ人から沢山の柑橘類を頂いた。
畑の片隅で自宅用に育ててるようで
いろんな種類をちょっとずつおすそ分け。
見てわかるのは、オレンジ・伊予柑・甘平かな?
種類の判らないものも有り、とにかく美味しい。
見てくれは悪いが、どれも内袋が薄くて実が甘い!!
こんな美味しい柑橘が出来るなんて、さすが愛媛♪♪
画像が無いのは、職場でみんなに分けちゃったから~
あ~また来年も欲しいなぁ(笑)

[PR]

by sasha-moon | 2017-03-17 13:51 | ひとりごと | Comments(0)

悪のボスと猫。 ボマーン著   

e0080346_17471364.png

ネットで話題だった4コマ漫画。
正確には2ページ漫画。

正体不明の悪のボスが
「フフフフ」とか
「フハハハ・・・」とかつぶやくだけ。
セリフは一切無くて、
猫達がボスのアジトで縦横無尽に
遊びつくし、我儘しつくす、
そんな「猫あるある」の日々。
くすっと笑える、猫飼いにしかツボにならない
無駄に面白い漫画。
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-16 17:51 | 本・マンガ | Comments(0)

猫は相談にはのらない   

e0080346_1849696.png


ミヤコお得意のポーズ。

「はなし、きくわよ」

なカンジでいつ見ても笑える。
解決を求める相談には乗ってくれないけど、
愚痴や悩みは聞いてくれる。

聞いてくれるだけ。
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-15 18:50 | ネコ達 | Comments(0)

ホワイトデー   

e0080346_1842914.png

バレンタインデーのお返し。
似たようなデザインのパッケージ、
今年の流行なのかな?
1つはフィナンシェ。
もう一つはチョコレート。

チョコレートをもらって
チョコレートで返すのってどう?
も・ちっと違うのにして欲しかったにょ。
でも、嬉しく頂きます♪
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-14 18:07 | 日々の出来事 | Comments(0)

研修医なな子 森本梢子 著   

e0080346_2139581.png高台家の人々が面白かったので
著者の他の作品も貸してもらった♪
ドラマ化された程やっぱり安定して
面白いね~~
一般人には計り知れない研修医の世界!
大学~大学病院~系列病院
の流れが、すんなり説明されてて、
やっぱり初めは素人の先生でも
徐々に修行して、オペの上手い先生に
育っていくんだなぁ!
佐々木倫子の「おたんこナース」と
とても良く似たシチュエーションもあって
病院あるあるなんだなぁとか。

最終巻の最後があんな風になるとは♪♪
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-12 21:43 | 本・マンガ | Comments(0)

アメシマの朝   

e0080346_18523862.png
今朝のアメ&シマの様子~

仲良しん子な二人なので
いっつもべったり一緒にいるよ。
お互いペロペロなめ合って毛づくろい。
毛づくろい中の写真はブレブレで
撮れなかったわん。
で、仲良しすぎて
ウギャァ! ギョエェェ!と
取っ組み合いに発展するのだけど。
二人だからお互い許せるのであって
同じことを他の子にしたら
阿鼻叫喚の恐怖劇場(その子にとって)。
[PR]

by sasha-moon | 2017-03-11 18:55 | ネコ達 | Comments(0)

鯖猫長屋ふしぎ草子 田牧大和著   

e0080346_2137927.png新しい作家を開拓しようと手に取ってみた。
宇江佐さんのにゃんにゃん横丁的に
きっとおもしろいに違いない!

猫絵師・青井亭拾楽(あおいていしゅうらく)は、今や鯖猫長屋と呼ばれる
9尺2間のちんまい長屋に
2代目になる縞三毛の雄猫(!)と共に
前の住人の願いを叶えるために住んでいる。
それだけでも何かわくわくする
展開を想像できる!

連作短編の各冒頭に「問わず語り」という
プロローグを設けて、各人の独り言が挿入。
その事で本編の側面がこっそり明かされる
仕掛けが有って、より面白くなっている。
この本はふしぎ草子と銘打ってるだけあって、
縞三毛の「サバ」の特殊な能力についてや、もののけ、とりわけ幽霊の類も出てくる。
そして、人情味たっぷり・おせっかいな長屋の連中との暮らしや
そこに持ち込まれる厄介ごとと、盗みと殺しにまつわる過去の事件、
成田屋!と揶揄される役者さながらの定廻り同心の登場、
忠犬の泣ける人情話などなど、
市井モノの好きな私にぴったりの小説だった!

あと数日で2巻が発売との事、
今後の「サバ」の大将と子分の拾楽の活躍に期待!
「本所おけら長屋」ほど はちゃめちゃじゃないけど、オススメできるよ。


[PR]

by sasha-moon | 2017-03-09 17:05 | 本・マンガ | Comments(0)