カテゴリ:パッチワークののコツ( 13 )   

キルティングテンプレート今回も   

e0080346_823243.jpgキルトサークルBBのバリスタ、頑張ってます~~

今回は色んなキルトラインを引いてるので、
単純なモノばかりじゃつまらない!!
そこでまたテンプレート作ってキルトしてみました。
コンパスと定規でささっとガイドラインを引いて、
カーブはフリーハンドで書いたよ。
小さいのですぐに出来た~~~
線をキルトトップに写した時、つながってない線は
後でまたラインをフリーハンドでつなぎ足します。

画像の他にもテンプレはいくつも作って使っているよ。
[PR]

by sasha-moon | 2007-10-09 08:34 | パッチワークののコツ | Comments(12)

リングピンクッション   

e0080346_8203293.jpg面倒な小物作りが大の苦手な私ですが
必要に迫られると、だらだら時間を掛けて作ります。
(でもだらだら・・・)
前に作って、愛用してたのがヘロヘロになったので
新しく、進化したバージョンで!と思って工夫したけど
やっぱり行き当たりばったりではこの程度でした(汗
ペットボトルのキャップの中に猫の毛玉を詰めたフィードを
押し込んでみたんだけどさ、
リングのゴムヒモを付ける為にまた厚紙で底を作って
挟み込んでまきかがる・・・・。
簡単だけど、キャップに布を貼る際、
まきかがりする予定だった角にまで
ボンドを付け過ぎて、上手く出来なかった地獄。

※猫の毛玉を詰めたのは、毛についてる皮脂が針をサビさせない為です。



追記>>>>作り方!
1・ペットボトルのキャップの高さより1.5cmほど幅をもたせた帯状の布に
うすく木工用ボンドをのばして、ぐるっと巻き付けて貼る。
キャップの内側・底側に織り込んでまた貼る。
(注・キャップの底の角の部分布にはなるべくボンドが付かないようにする)

2・てるてるぼうす状に固く縫いしぼった綿部分を、
キャップの内側にたっぷり目のボンドでくっつける。
楊枝でフチを押し込んでしっかり入れるのがミソ。

3・リングとなる底部分を作る。
キャップ底と同じ大きさに切った厚紙をうすくボンドした布で包む。
(1と同じで、厚紙のフチにあたる布にはボンドがつかないように注意)
指のサイズより少しゆるめの平ゴムを輪にして、出来た底板にボンドで貼る。

4.完全に乾いたら、本体と底板を巻きかがりでとじつける。

4の工程の為に、巻きかがる部分の布にボンドが付かないように!が今回の反省点でした。
[PR]

by sasha-moon | 2007-05-30 08:27 | パッチワークののコツ | Comments(20)

パッチワークツール   

e0080346_9213734.jpg
サリーちゃんに有田焼シンブルを送るために、キルトパーティーのウェブショップでお買い物。
ついでに、自分の為にこんなものも注文していました!

欲しかった洋柄の有田焼シンブルは野の花のものを。
これで手持ちの有田焼シンブルは3個目ーー♪いひひ
そして、ヘキサゴンのプレート!
以前からヘキサゴンは「目分量で縫う!」派の私、
プラスチックの型を、畳んだ布にあててざくざくカットする方法を取ってるので
こんな色んなサイズのプレートが欲しかったのよ~~♪ わーい!
で、肝心のヘキサゴンは、、、当分作る予定はありません(笑)
[PR]

by sasha-moon | 2007-05-11 09:27 | パッチワークののコツ | Comments(10)

陶器のシンブル オススメです♪   

e0080346_952029.jpg
もう4年も愛用してる「有田焼シンブル」。
随分前からHPのお道具のコーナーで紹介してるんだけど、
最近急に脚光を浴びて(?)お友達の間で大流行!
この先の角の所が、キルティングの時の裏を持ち上げてすくうのに絶妙なのです~
過去に、メタルのフチ有りシンブルを使ってて、
針先がガリガリ言ってすごく嫌だったのが、陶器にして滑るように滑らかにすくえるの!
キルティング好きになったし、針目もキレイになった気がする・・・。
内径が少し大きくてブカブカなので、イボイボを削り取ったゴムのシンブルを
中に嵌めて使うと、指にフィットしてパーフェクト!

画像は、にしきや北村「有田ねっと市場」さんで1個購入したもの。
チェリー柄は、オマケキャンペーンで付いてきたよ。(チェリー柄は通販してません)
1個大体1050円~~ で、ここで買うと今もオマケキャンペーンしているようです。
ただ、和柄が多くて、カワイイのが無い(こともないが)。

にーたちゃんが購入したのは↓
斉藤謠子センセイのキルトパーティー
ここでは洋柄のステキな花柄等を取り揃えてます。
オマケで1個プレゼントは付きませんが・・・。
どちらのショップさんを選ぶかはお好みで。
[PR]

by sasha-moon | 2007-04-07 09:22 | パッチワークののコツ | Comments(14)

自作の キルティング テンプレート   

e0080346_1805181.jpg
e0080346_181155.jpg

ボーダー部分のキルティングラインを引くために、テンプレートを切り出してみたよ。
自作のテンプレww
丈夫な厚手の厚紙があったので作ってみたのだ。
(工作用紙でも作れなくは無いが、途中で弱ってきそうで)

線を引く部分を切り離してしまったら元も子もないので、
所々つなげて(切り絵のように)切ってあるよ。
今回は網代(あじろ)状に交互に三角部分がなるように、
テンプレートの表と裏をひっくり返しながら線を引くことに。

↑のはボーダーの横幅に大体4等分なるように作ったので
正確な直角でないので、四隅を書くときはズルして帳尻を合わせることにします♪
[PR]

by sasha-moon | 2007-03-03 18:08 | パッチワークののコツ | Comments(14)

パイピング布のカットのコツ??   

e0080346_11421713.jpg
4月の展示会の為に、必死で作成したヤコブのはしごも
前倒しで頑張ったおかげで、もうパイピングを始められました~~
ちょっと指が疲れたので、ネットで休憩☆

みなさんはパイピング用の帯布をどうやって作ってますか~?
私は1cmのパイピングにしたかったら、4.5cm幅の帯にして
1cmの所に線を引いておきます。
ここまではまぁ普通?だけど
キルトのふちが直線&額縁仕立ての場合に布目のまま、帯状カット!
色々な考え方が有ると思うけど、直線で仕上げる場合は、
バイヤスに断って三角の余り布を出さない為にも、
ケチって(笑)布目でカットすると無駄が無くいいの。

ただ、例外は、キルトのふちをスカラップにしたり四隅を丸くしたい時は
もちろんバイヤス目で帯をカット
します。
バイヤスにするのは、帯布が伸びるのでカーブをキレイに仕立てるため。
[PR]

by sasha-moon | 2007-02-18 11:54 | パッチワークののコツ | Comments(14)

SASHA流 ボーダーのキルティングのコツ   

e0080346_824368.jpg昨日Keikoちゃんの所にも書いたんだけど
私はこんな方法でキルティングしてます。

センター部分のキルティングが
あらかた終ったら、
ボーダー布を外側に空気を抜くように伸ばして
最も外側の部分ぐるっと一周
(パイピングでくるんじゃう縫い代)
5mmくらいのぐし縫いでしつけを追加します。
←見えるかな? そのぐし縫いしつけ。
そうすると、キルティング中にボーダー布が
引っ張られる事無く、キルティング出来るの。
し・か・も、捨て布も付ける必要なく、
フープに張ってキルティング出来るよ!!
コツは、あまりたるませずに小さいサイズのフープに張ること。
これで、こんなに端っこでも楽にキレイにちくちくよ~~(*^-゚)⌒☆
[PR]

by sasha-moon | 2007-02-14 08:12 | パッチワークののコツ | Comments(10)

パッチワーク 指の装備   

パッチワークする人の数だけ、様々な指の装備があるよね。
今日は私の装備をご紹介します~~
独学なので、講師の方には信じられない無茶な?やり方カモです(;^_^A
e0080346_20265974.jpg
e0080346_2027124.jpg
ピーシングは画像のように
右手・・・・・皮の指貫
左手・・・・・リングカッター&リングピンクッション
針はみすや針の三ノ三愛用で、指貫に針のお尻を当てて運針します~
一度に縫える距離は大体3cm~5cm。
e0080346_20304787.jpg
キルティング(フープ使用)時の装備は
右手・・・・・ゴムサック、皮のシンブル
左手・・・・・(中にゴムシンブルを入れた)有田焼シンブル(フチ有り)
やはり針は同じみすや針の三ノ三。
針を親指と人差し指でつまんでキルティングします~~
針目は1cm内に3~4目。
うん、こんなカンジで毎度ちくちくしていますv(。`・∀・。)vィェィ♪
[PR]

by sasha-moon | 2006-11-25 20:46 | パッチワークののコツ | Comments(14)

愛用の有田焼のシンブル   

e0080346_17451646.jpge0080346_17452670.jpg
SASHAのお針箱で紹介してるけど、
ちゅんみちゃんが興味あるそうなので少し紹介~
当初指にティッシュを巻いてたけど、
ゴムのシンブルをイボをカットして中に入れたら指にフィットしたよ♪


もう4年ほど?使ってるかな、有田焼シンブル
先が平らで出っ張っているから、針を受けたのを表に返すのにめっちゃGood!

ずっと金属のシンブルでガリガリやってたのが嫌で、
評判のロクサンのシルバー製のシンブルも考えたけど、お値段が・・・。
サイズ測定も微妙で、万一指に合わなかったら?
万一私には使いにくかったら? と躊躇してた所に有田焼に出会ったよ!
1個1000円~なので失敗してもロクサンに比べたら・・・と思ったのだった。

で、これがいいのよ~~もう手放せない!!
壊れた時用にスペアを何個か用意しとかなきゃと思ってる。
今、1個スペアがあるので、試してみたい!って方はメールしてね~
返却してもらうのを条件にお貸ししますよ♪
まずはちゅんみちゃんかな。
[PR]

by sasha-moon | 2006-09-27 17:54 | パッチワークののコツ | Comments(12)

yukiちゃんと一緒企画 始動♪   

e0080346_1624230.jpgyukiちゃんと二人で、同じ生地を取り入れたミニタペを作ろう!
そんな話をしていたけど、ようやく始めました~
最近ハマってるヘキサゴンで、一重のお花を。
サイズ的には30~40cmのタペを考えてて、
とりあえず布をカットしてみました。
鷲沢先生式で、カットも印をつけずに
プラスチックの型と何枚かたたんだ布をつまんで
サクサク・・・簡単に大量のヘキサ布の誕生です!
重ね切りする枚数は4枚~6枚が切りやすい。
[PR]

by sasha-moon | 2006-05-08 16:29 | パッチワークののコツ | Comments(4)