攻殻機動隊にみるグノーシス思想考   

e0080346_19483071.jpg

先月、GHOST inThe SHELL イノセンスに関するブログを書いた。
その時、草薙素子のセリフで
「あなたがネットにアクセスする時、私は必ずあなたの側に居る」
を載せたけれど、
はじめて映画を観た時から、このセリフが非常に心に留まっていた。
聞いた時、まるでイエスキリストのセリフのようだと思ったからだ。

ナグハマディ文書の中のトマスによる福音書に
「汝の国は汝の内にある 汝の周りにある
薪を割っても私はいる 石をどけてもそこにいる」 と書かれているらしい。
米映画「スティグマータ」の主題になる言葉で、私はそれを知ったのだけど。

イエスはどこにもここにもあらゆる所に居るというのだ。

攻殻の素子はまるでイエスのように成った・・・ように感じる。
映画版1作目で「人形遣い」と呼んだ電脳生命体と融合し、
素子そのものは電脳世界に消えた。
映画版2作目で例のセリフをバトーに囁く。
素子は電脳の届く全て…あらゆる場所に居る、意識が届く、宇宙の衛星からでも
地上の場所を見て影響を及ぼす事が出来る。
まるで神になったかのよう。 と私は思ったのだけど、
この展開は、意図して製作されたのだろうなぁと。
(原作マンガで荒巻素子を名乗る主人公は終盤、神と融合する)

で、私はグノーシス派の信ずる所である「トマスの福音書」を読んでみようと思った。
手元には新約聖書は有るけれど、異端の書物であるトマス~は持ってないので
思い切ってこの際購入する事にした。
今日届いた「トマスの福音書」新井献著 読んでみた感想は
しばらく先に延ばす事にする。
[PR]

by sasha-moon | 2014-12-02 20:12 | ゲーム・TV・アニメ・映画 | Comments(2)

Commented by ちゃぴこ at 2014-12-04 17:18 x
おほっ、ぞくぞくするね!
「バトー、忘れないで・・・」の台詞やね。
イエスと通じるものがあるとは想像出来んかったけど(わたい、あまり文学知識ないのよ)、ふむむ、そういうことなのか!
実に興味深いっす!
イノセンスでバトーさんが「あいつは行っちまったのさ。それこそ均一なるマトリクスの裂け目の向こうへ・・・あいつは確かに生きてる。広大なネットのどこか、あるいはその全ての領域に融合して」と言うけど、ここらへんも神に通じるもんがあるね。
しゃしゃは書き方が上手だし、私みたく文学音痴でも分かりやすく書いてくれててとっても嬉しいよぉ!
攻殻ネタ、また宜しくお願いします。
さてどこへ行こうかしら?ネットは広大だわ♩
Commented by sasha-moon at 2014-12-04 21:02
ちゃぴ子>
「おほっ!」って。
バトーさんのセリフみたい♪ ぷぷぷー!

喜んでもらえて良かったよ~
まだまだ思うところは有るし、ネタは有るんだけど
なかなか整理して書けないという・・・。
いや、私文章力無くてさ、いつも
どう書けば判りやすく伝わるかなぁと悩むんだよ。
へたくそで、長文の説明文みたくなるもんで。

攻殻シリーズは、映画版2作品が
もっとも本質を突いてると思う(さすが押井監督)。
じっくり何度も見直してみると、
今まで気づかなかった発見とか有るし、
また1作目から見ないとな。

あ、もちろんTV版、1GIGと2GIGとS・S・Sは
ダイスキなのだよ♪

<< 出窓であったか りーりーちゃん 我が家で初めて結実した ハナユ >>